働くのが一番

| 未分類 |

お金が欲しい時には働くのが一番です。宝くじや投資などは当たれば大きな額が手に入ることもありますが、まず当たりません。大したお金にならなくても働いて少しずつお金を受け取るのが結局は近道になるようです。月に一度の給料日では物足りない場合もあるかもしれません。最近は不況で仕事がない、と言われていますが、あまり他人のやりたがらない仕事には人手の足りないようなところも多いのです。求人誌を見れば派遣の仕事が載っています。派遣と言っても事務職の派遣はそこそこ専門知識が必要だったり、なかなか良い時給をもらえていたりします。しかし、一方で倉庫内での軽作業や引越しの手伝いといった肉体労働の派遣もあります。それほど良い時給がもらえるわけでもありませんが、こうした仕事は日雇いで、毎日のように会社から電話がかかってきて、明日の仕事を引き受けてくれるか、尋ねてきます。他に仕事をしていても、休みの日や空いた時間などをうまく使って働くことができるのです。しかも、こうした仕事では月給でなく、週給だったり、日払いの現金手渡しであることもあります。お金が欲しい時にはうってつけの仕事なのです。他に地味な方法としては、インターネットのポイントサイトなどを利用するという手もあります。この稼ぎ方である程度まとまったお金を貯めるにはかなりの時間がかかりますが、遊びのつもりで少しずつ貯めていき、お金が欲しい時には、それを引き出すという手もあります。